ストレスニキビとは?

最近は「ストレスにきび」が増えているそうです。
その名の通り、これはストレスが原因となって起こるにきびです。


現代社会はストレス社会と言えるほど、
仕事や人間関係のストレスなどストレスにあふれています。

忙しさにかまけてストレス解消もできず、
そのままストレスを溜め込んでしまう人もよくいるはずです。

それが「ストレスにきび」ができてしまう原因になるのです。
ストレスの蓄積によりホルモンバランスが乱れてしまい、
ストレスにきびができてしまうのです。


人間はストレスを溜め込むと、
脳がストレスに対抗するために副腎皮質ホルモンを分泌し、
その際に一緒に男性ホルモンも分泌されます。

男性ホルモンにより皮脂の分泌量を増加させることが
にきびの原因となっているのです。

他にも、男性ホルモンは毛穴の奥で角質を厚くしてしまう働きもあり、
毛穴をより詰まりやすくしてしまいます。


女性にストレスにきびが増えているのも、
もともとは分泌量が少ないはずである男性ホルモンが増加して、
皮脂の分泌量が過剰になっているためです。

女性の社会進出が進んで職場で活躍する女性も増えましたが、
そのためにストレスにさらされる機会がより多くなりました。

これが女性のストレスにきびができてしまう原因に
なってしまっていると考えられます。


私も働いている頃はにきびがよく出来ていたものです。
食生活や生活習慣に気を付けたり、エステをしたりして
にきびが治るように努力しましたが全く治りませんでした。

しかし、仕事を辞めたとたんににきびはきれいさっぱりなくなりました。
今思えば、まさしくストレスにきびだったのでしょう。

働いているときはこれが普通と思ってあまりストレスと感じていませんでしたが、
知らず知らずのうちにストレスを受け、
それがストレスにきびとなって出ていたようです。


この「ストレスにきび」を予防し、改善するためにはストレス解消が重要です。

楽しめる趣味を持ったり、心身ともにリラックスできる時間や空間を
1日の中で必ず作ったり、仕事の量を減らすなどして、
ストレスにきびの対策を日常生活の中でとるようにしなくてはいけません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ