ニキビが出来やすい箇所

ニキビは、皮脂の多く分泌する場所にできます。

肌に常在し、肌の健康を保つ役割をしているアクネ菌が、
毛穴に皮脂がつまった状態になると、
皮脂を分解して酸化させ、ニキビを発生させてしまいます。

では、皮脂の多い箇所、ニキビの出来やすい箇所とは、具体的にどこでしょうか。

ニキビの出来やすい箇所

十代の思春期にできるニキビは、特にTゾーンに多く出ます。
Tゾーンは皮脂の分泌がとても多い場所です。

また、脂質肌の人も多く出てしまう箇所です。


あごや首は、男性ホルモンの影響によります。
女性でもホルモンのバランスが崩れると、男性ホルモンの分泌が多くなり、
あごや首にニキビが出てしまうことがあります。

また、普段から手で触ることが多いと、触る際に雑菌が毛穴に入り、
炎症を起こしてニキビになってしまうこともあります。


頬のニキビは、脂質や糖質の摂取しすぎや、胃腸の不調も関係しています。
口の周りに出来るのニキビも、胃腸の不調の現れとも言えます。

ニキビも気になりますが、日頃の偏食や高カロリーの食品の多量摂取、
食べ過ぎなどの食事面での改善を考えることも必要です。


額はTゾーンと同じく、十代の頃に出てしまうニキビです。
また額は前髪が多く触れる箇所なので、
シャンプーの洗い残し、整髪料の付着が原因になります。

前髪を切る、留める、まとめるなどの工夫をすることも改善の手段です。


背中は、日頃衣服に包まれている箇所ですが、
皮脂線が多い箇所でもあります。

入浴の際に洗いにくい箇所であることや、
シャンプーの洗い残しがついてしまうことがあります。

背中は手が届きにくい箇所なので、
他の箇所よりもケアが難しいということもあります。


ニキビは、お肌のトラブルであるとともに、
健康状態に改善が必要というサインでもあります。

睡眠時間が少ない、野菜や果物が不足している、
ストレスが溜まってしまっている、ホルモンのバランス、
洗顔が十分にされていない、お肌が乾燥している、などの要因があり、
それらを見直していくことで、
ニキビのケアとともに、心身両面の健康を心掛けられるようになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ