ニキビとレーザー治療

ニキビでお悩みの方、多いと思います。そもそもニキビはどうしてできるのでしょう?
ニキビには思春期と大人でできるメカニズムが少し違います。

思春期ニキビの原因は多くが皮脂の分泌量が多いために毛穴がつまりアクネ菌などにより炎症を起こすパターンです。
新陳代謝のよい年齢であることから、なるだけ肌を清潔に保ち、皮脂コントロールをすることがニキビを予防するカギとなります。
また、手で顔を触り過ぎないことです。

ところが、大人ニキビといわれるものはタイプが異なっています。
大人ニキビの主な原因は、疲れやストレス、睡眠不足やビタミン不足、偏った食事など生活習慣が原因であるものが多いのです。

その他にも、女性特有の生理全症候群や、妊娠によるものや便秘、化粧品が合わないといった理由であったりするものなど様々な要因で起こるのです。
また、その人の体質自体(遺伝によるもの)がニキビを誘発している場合もあります。
ニキビやニキビ跡を治したい!けれど、治すにはニキビを防するしかないと思っていませんか?ニキビは医学的に治療することができます。

ほうれい線治療などに使われるCO2レーザー治療は、一般的なニキビに効果的です。
これはニキビを治療する代表的レーザー治療ですが、一度だけでは効果が薄いため複数回受ける必要があります。
クリアタッチレーザーはアクネ菌を活性酵素で殺菌して治療するレーザーです。
刺激が少ないので胸や背中といった場所のレーザー治療に最適です。
Vビームレーザーは繊維芽組織に働きかけコラーゲンを作り出すよう促すので、凹みニキビに効果があります。
レーザー治療は同時にアクネ菌を殺菌していきますから、この治療を続けていけば、ニキビのできにくい肌にしていくことができます。

ただし、レーザー治療は決して安価ではありません。
一回の治療に5千円~1万円かかります。
しかも、ニキビは何度もできてしまう可能性があるので、やはり普段からの予防が肝心です。

しかし、ひどいニキビ、肌荒れはお医者さんで相談されることをオススメします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ