ニキビと体調の関係とは?

内臓とニキビには関係があり、弱っている人弱い人はニキビができやすいそうです。

乾燥肌なのによくニキビはできる人は、内臓が弱っているかもしれません。

内臓を弱めている原因があります。
食べ過ぎ・飲み過ぎ・ストレス・便秘です。

特に便秘は肌荒れニキビが引き起こす原因です。
腸に溜まったままだと悪玉菌が増えて、肌荒れニキビができやすくなるそうで、早く便秘を改善することによって予防に繋がります。


女性でよくある過度なダイエットも、肌荒れニキビを肌荒れニキビを引き起こす原因にもなります。

ダイエット・食生活の乱れ・飲酒・喫煙・カフェイン過剰摂取・睡眠、
色々な不足や取りすぎによって、肌の代謝力が低下して肌荒れニキビが治りにくくなります。


ニキビのできる場所によって、体調不良を見分ける方法もあります。

おでこの生えぎわによくできる人は、ホルモンバランスの低下やストレス・睡眠不足。

額によくできる人は、ビタミン不足や自立神経失調。

眉やこめかみによくできる人は、ホルモンバランスの不足やストレス。

頬によくできる人は、女性で言うと生理不順・生理痛、糖分の過剰摂取など。

鼻や鼻周りによくできる人は、暴飲暴食やビタミン不足。

あごによくできる人は、冷え・貧血・ストレス・消化器官の不良・暴飲暴食。

口周りによくできる人は、胃の調子が悪い人・暴飲暴食。

などなど色々な原因があります。


その中でも、大人のニキビでもっともよくできる場所はあごニキビです。

おでこの生え際など、恥ずかしいからと言って髪の毛で隠していると、擦れたりして治りが遅いです。


ニキビにもいろいろ種類はあるけれど、ニキビができるメカニズムには思春期ニキビも大人ニキビも変わりありません。

大人ニキビの予防や症状悪化を防ぐには、肌の汚れを清潔に!規則正しい生活!できたら触らない・潰さない!

ダメだとわかっていながらよく触ったり、潰したりする人がいますが一番よくないことです。

潰すと後が残る場合があります。


ニキビが酷い場合は、病院で診て貰えるので行ってもいいと思います。


ニキビは誰にとっても嫌な物ですよね。
予防や悪化しないようにすることは重要なことですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ