ニキビと睡眠時間の関係性

ニキビに悩んでいる方、多いですよね。

ニキビはアクネ菌という菌が繁殖して肌が炎症を起こすことでできるのですが、それを引き起こす原因は様々なものがあります。
食事が偏っていたり、睡眠不足であること。疲れや様々なストレス。
ニキビのできやすい体質であることだったり、ホルモンバランスが崩れていたり、
紫外線対策ができていないことや、化粧品があっていないなどなど、実に多いのです。

これらの要因が複雑に絡み合ってニキビを作っている場合もあり、一筋縄ではなかなか改善しないこともあります。
また、ニキビタイプの違いもあります。
ニキビには思春期ニキビと、大人ニキビがあります。
思春期ニキビは皮脂の分泌量が多いことで毛穴がつまりそこに炎症が起きて起こります。
また、ホルモンバランスが変化することなどにもよります。

一方、大人ニキビは疲れやストレス、睡眠不足や食生活の崩れなど現代社会において、
どうしても避けて通れないことが要因であったりします。
疲れやストレスなどは血流を悪くし、それによりビタミン類が消費され欠乏します。
補充が十分でないとホルモンバランスなどを崩し、更に血流を悪くするという悪循環に陥ります。

このどちらのニキビにも重要な対策要素があります。それは洗顔と食事と睡眠です。
なんだ基本的なことじゃないかと思われるかもしれませんが、これが実に重要なのです。
そして、崩れやすい要素でもあります。

中でも睡眠は肌再生のメカニズムに重要な要素です。
現代人の生活ではついつい起きていてしまいます。
そのついつい・・・という時間、つまり夜の11時~夜中の2時頃までというのは、肌の再生される時間帯でもあります。
よく肌は夜作られるといいますが、肌の再生メカニズムは夜働くためそう言われるのです。

肌の再生が行われなければ古い角質が残り、肌の上で炎症を起こします。
健康な肌を保つためには十分な睡眠が必要なのです。
十分な睡眠でニキビを作らない体を作っていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ