紫外線によってできるニキビ

ニキビは誰にでもできるもので、誰もが一度は悩む肌トラブルの一つです。

ニキビができる原因はいろいろあります。よく知られている理由では、
睡眠不足や偏った食事、洗顔不足や極度のストレスといったものがあります。
その他にも便秘であるために起こったり、化粧品が合わないなどの理由でニキビができることもあります。

ニキビが起きる原因は一つとは限らず、いくつかの要因が重なっていることも多く、
対処するにはいくつかを同時に解決しなければならないこともあります。
例えば、仕事や学校で疲れてストレスを感じることも多かったり、睡眠不足になっているといった場合には、
疲れやストレスで血流が悪くなっていますから血流をよくし、肌の再生を促せるように早めに休むことを心掛ける必要があります。

また、疲れやストレスはビタミンを消費するため、肌に必要なビタミンが欠乏しないように十分補給する必要があります。
また血流の悪さは便秘などを招きやすく、便秘になる→さらに血流が悪くなり毒素がたまる→ニキビが増えるという悪循環に陥ります。
それでは、ニキビができてしまった肌について、気を付けることはなんでしょう?
もちろん、肌を清潔に保つことです。そして、紫外線をなるだけ浴びないことです。
なぜ日焼け対策でもないのに紫外線対策が必要なのでしょうか?

ニキビがある肌は、すでに炎症が出ている状態なためダメージにとても弱くなっています。
そこに他のダメージが加わると、肌はさらに痛んでいきます。
ニキビのある肌に長時間紫外線が当たるとニキビ跡を残す原因となります。
紫外線が強くあたると、メラニンが生成され肌を守ろうとします。
ダメージを肌の奥にまで受けてしまうとメラニンが、肌の奥まで入り込んでダメージを軽減しようとするのです。
このためニキビ跡がなかなか治らないという状態になるのです。

また、紫外線は肌の上にある汚れを有害物質化させていくので、ニキビの炎症を更にひどくしていきます。
ですから、紫外線対策は日差しの強い夏だけでなく、常に必要です。
ニキビに悩んでいる方は、日焼け止めをきちんとぬって紫外線対策をしましょう。

ただし、こちらも夜はしっかりと洗い流して肌を清潔に保つよう心掛けないと、
肌に負担となってしまい肌トラブルを悪化させますから、注意が必要です。
紫外線対策をばっちりして、ニキビのない健康な肌でいたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ