ニキビに効果的な洗顔方法

ニキビを予防するにも、できてしまった後でも、洗顔はとても重要になってきます。

正しい洗顔の方法を覚えれば、
ニキビをできなくすることや治していくことが可能になります。


洗顔の仕方にはいくつかのポイントややり方のコツがあります。

まず洗顔料は、良く泡立ち、泡切れのよいタイプの
弱アルカリ性洗顔料がよいでしょう。

洗顔は、毛穴の余計な皮脂と汚れを落とし、角質を良好な状態に保つことです。
なので、洗いすぎもだめだし、汚れが残っているのも良くありません。

皮脂分泌が多い人なら、一日に2~3回、
しっかり泡立て優しく念入りに洗顔するのが良いでしょう。


ホットタオルをあてて毛穴を開かせてから洗うのもとても効果的です。
間違ってもゴシゴシこすったりせず、泡でお顔を包み込むようにソフトに洗います。


そしてダブル洗顔を行います。

1回目はメイク落としや顔の表面の汚れ落としのための洗顔で、
2回目は余分な脂や残ったクレンジングオイルを落とすための洗顔です。

泡で優しく洗いましょう。


泡をたてやすように、
泡立て用のスポンジなどを使って泡立てて洗うのが効果的です。

ニキビ用の角質を落とすためにをピーリング石鹸を使いましょう。


またアルカリイオン水を洗顔時に使うのがオススメです。

アルカリイオン水は活性酸素を減少させてくれるので、黒ずみ対策として有効です。
泡立ちをよくするため、めがね拭き用のクロスを使った洗顔がお勧めです。
めがねクロスは超極細繊維でできているので、肌にはとても優しいのです。


ここに挙げた洗顔方法は、ほんの一例です。
自分にぴったりの洗顔方法を見つけるのがニキビを治す近道となるでしょう。
自分にあった洗顔方法をものにするだけで、ニキビ予防になります。

逆にに間違った洗顔方法だと、
綺麗に洗えるどころか、ニキビを作ってしまう原因になることもあります。

毎日の事なので、少し気をつけて洗顔するだけで肌が変わってくるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ