ニキビのできる原因とは?

ニキビとは、専門用語で尋常性座瘡などと呼ばれています。
尋常性座瘡というのは条件が揃えば年齢に関係なく発症します。

なので「20歳過ぎると吹き出物ができる」ということではなく、
10代でも40代でもニキビはできるのです。


ではニキビができる条件とはなんでしょう。

まず皮フの毛穴に皮脂などが詰まることが原因として挙げられます。
その周りが赤くふくれたり、バイ菌が入って膿んでしまったり、ひりひり痛むこともあります。


ニキビには、顔、胸、背中など、できやすい場所があります。
特に顔は目立ちますからもっぱら悩みのタネになりがちです。

ニキビはまず毛穴がつまることでできます。
毛穴が詰まるのは、汚れや角質、毛穴出口の角質層のな厚みなどです。

毛穴はご存知の通りとても小さいものです。
ちょっとの事で簡単に詰まってしまいます。
毛穴がふさがれることにより皮脂が排出されずに更に詰まってしまいます。
これが第二段階です。


このときの毛穴のつまり方で白ニキビと黒ニキビに分かれます。
白ニキビとは毛穴に蓋をしてしまっている状態で、見た目はそんなに目立ちません。
触れるとしこりのように固くなっているのがわかります。

黒ニキビは毛穴の開きから、ニキビの芯が空気に触れて酸化し黒くなったものです。
毛穴の黒ずみとなります。


これの悪化したものが赤ニキビです。
赤ニキビは、ニキビ菌が繁殖し炎症が起こっている状態です。
これは見た目にも赤く目立ち、一番ひどい状態となります。


このように、ニキビは毛穴の詰まり、詰まった毛穴にたまった皮脂が原因となります。
白ニキビ、黒ニキビの時にニキビの芯を出せれば、赤ニキビにならずに済みます。

ニキビの芯を出す時には細菌に要注意です。
細菌が手に付いたままだと、せっかく芯を出せたのに肌にできた傷から細菌が入ってしまうのです。
すると炎症がおこり赤ニキビに発展してしまいます。

白・黒ニキビの時にニキビの芯を取り除いてしまう事はとても有効なニキビ対策となります。
しかし、あくまでも肌を傷つけず、細菌が入らないように注意して行いましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ