ニキビの原因、アクネ菌とは?

ニキビは、小学校の高学年くらいから18才くらいにかけて出ます。
いわゆる思春期ニキビというものです。

この思春期ニキビは第二次性徴が始まり、
ホルモンバランスが変化したことで現れます。


また、この時期はファーストフードでの外食や、
お菓子などの偏った間食や食事の機会が増えること、
それまでよりも習い事の時間が遅くなる、
部活を始めるといった忙しさの中での生活の乱れも、
ニキビの出る原因になります。

女性では生理前の肌の調子が悪い時期にニキビが出ることがあります。

排卵後に黄体ホルモンが分泌され、
体調の乱れや肌の新陳代謝が悪くなるためです。

他に、ストレスの影響でニキビが出てしまうこともあります。

ニキビの原因 アクネ菌

主にニキビの原因とされる細菌をアクネ菌といいます。
そのアクネ菌とは、どんなものなのでしょうか。


アクネ菌は、常在菌といって人の肌にある菌で、
普段は肌の健康を守る役割を果たしている菌です。

アクネ菌は皮脂が多く分泌される場所を好みます。
主に顔、背中、胸などです。

アクネ菌はそれらの皮脂の多い場所の毛根に存在し、
毛穴が皮脂で塞がれた状態になると、その皮脂により増えます。


この時作りだされるリパーゼという細菌が炎症を起こさせ、
ニキビの腫れを誘発します。

また、アクネ菌が分泌する物質、ポルフィリンは、
紫外線により多くの活性酸素を排出し、
ニキビを炎症させ、皮膚細胞を破壊してしまいます。


アクネ菌は、皮脂が多いとニキビの原因になり、
酸素があるとニキビを作りだしません。

その性質から、アクネ菌を増やさない、
ニキビを予防するのに効果的なのは洗顔です。

ただ、洗顔をし過ぎると肌の潤いも奪ってしまいますので、
一日二度から三度くらいがよいと思われます。


また、思春期や、生理前、ストレスのある状態に於いては、
肌のことだけでなく、身体のことも考え、
新陳代謝をあげるのによい食品や、ビタミンを積極的に摂取し、
なるべく睡眠を取り、健康的な生活を送れるように
心掛けることも大切になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ