ニキビを抑える食品とは?

ニキビは肌に常在しているアクネ菌という細菌により出ます。

肌に常在しているアクネ菌がニキビの原因になってしまうのは、
皮脂が毛穴に詰まった状態になり、アクネ菌が増えて、
リパーゼという細菌を作りだし、肌に炎症を起こさせるためです。

ニキビが出るのを抑える食品

そのニキビが出るのを抑えるための食品はどんなものがあるでしょうか。

まず、主にニキビを予防し、肌をよりよく健康に保つ栄養素には、
ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCがあります。


ビタミンB2は、脂質、タンパク質、糖質をエネルギーに変える働きがあります。
成長、疲労回復にもとても重要な栄養素になります。

ただ、ビタミンB2は一度に大量摂取しても、水に溶けやすいため、
すぐに体外に排出されてしまいます。
そのため、効率的に摂取したいのであれば、小分けに摂ると良いでしょう。


ビタミンB6は、貧血や肌の炎症を防ぎます。
また、アミノ酸、脂肪酸の代謝、神経機能、赤血球の形成に必要です。

ビタミンB6は腸内細菌でも作られます。
食品から摂取している分には、摂りすぎ、ということはほとんどありません。


ビタミンCは、抗ストレスホルモンを分泌し、
抗酸化作用があり、メラニンを抑制し、コラーゲンを作ります。
風邪や貧血の予防とともに、肌を健やかに保つための重要な栄養素でもあります。


上で挙げた栄養素を多く含んだ食品を紹介します。

ビタミンB2を多く含んだ食品は、
ウナギ、サバ、レバー、豚肉、納豆、牛乳、卵、わかめ、アボガド、ホウレンソウや
他の緑黄色野菜などです。


ビタミンB6を多く含んだ食品は、
イワシ、サバ、カツオ、マグロ、レバー、ニンニク、鶏肉、大豆、卵、バナナなどです。

ビタミンCを多く含んだ食品は、
アセロラ、キウイ、ピーマン、イチゴ、グレープフルーツ、レモン、キャベツ、パセリ、
ブロッコリー、柿、わかめ、茶葉などです。



逆にニキビが出やすくなってしまう食品は、
チョコレートなどの甘いものや、高カロリーの食品、香辛料の強いものや、ナッツなどです。

毎日の食生活で偏らずに、バランスのよい食事をすることが大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ