ニキビ跡の悩みの解消方法とは?

ニキビ跡のでき方はいくつかのパターンがあります。


まずお肌にニキビができると、血液中の白血球が大活躍します。
毛穴の中に増殖したアクネ菌を退治しようとします。

お肌の内側では、白血球がお肌を守るためにアクネ菌と戦い始めます。

その戦いによって生まれた活性酸素が
皮膚に炎症を起こす事でニキビ跡となってしまう場合。

アクネ菌をやっつけた白血球が、膿になって外に出され、
それが白くニキビ跡として浮き出てしまう場合。

そして、白血球が強過ぎてしまうことが影響して肌のでこぼこを引き起こし、
ニキビ跡となってしまう場合などなど、
白血球とアクネ菌のぶつかり方によってニキビ跡も変わってくるといわれています。


そもそもニキビのできやすさ、
その後のニキビ跡のでき方、治り方にはかなりの個人差があります。

ニキビができてしまったら、
それ以上炎症がひどく広がらないならないようにじっくりとお手入れしていくことが重要です。

ここで焦りは禁物です。


色素沈着タイプのニキビ跡は、多くのメラニンを排出することを意識します。

お肌のお手入れはもちろんですが、食生活や睡眠時間にも気をつけましょう。
基本的な事は美白肌を作るのと同じです。肌のターンオーバーを促すビタミンCや、
皮脂のバランスを整えたり肌の再生機能を高めるビタミンB群を積極的に摂りましょう。


お肌の表面がでこぼこのタイプは、陥没を戻すことは少し難しいかもしれません。
でもお肌のたるみ対策を行い、張りをもたせる事で
でこぼこのニキビ跡を目立たせなくさせることができます。

スキンケアなどでコラーゲンを生成し、
お肌の内側からもっちりした張りでニキビ跡をカバーします。


またシミと同じ様に気にしすぎるのもマイナス効果です。
それがストレスになってしまい、
また新たなメラニン色素を作りだすという悪循環をおこしてしまいます。

なるべくストレスフリーな状態をつくり、上手にニキビと付き合いましょう。
そして焦らずゆっくりきっちり治そうという心構えが大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ