大人ニキビとは?

大人ニキビとは?大人にきびが出来る原因

ニキビは、毛穴に皮脂がつまり、そこでアクネ菌が皮脂の分解を行い、
脂肪酸を作ると肌が炎症してしまい、ニキビが発生します。

このニキビには、十代の思春期の頃にできるニキビと、
二十代以降にできる大人ニキビとがあります。

ニキビには、白ニキビ赤ニキビ黒ニキビ黄ニキビとあって、
炎症の重さもかわってきます。

 
10代の頃の思春期ニキビはTゾーンなどの皮脂の多い場所に出ますが、
「大人ニキビ」は、口のまわりや頬やあごなどにも出ます。

口のまわりにできるニキビは胃腸の不調の現れです。

頬は頬杖をついたり、手で触れることによって毛穴に雑菌がはいるのが原因になります。
顎はやはり手で触れることが多い場所という他に男性ホルモンの分泌も一因とされています。


他に、油分を多く含むタイプの化粧品が毛穴を塞いでしまったり、
疲れてメイクを落とさずに寝てしまう、
或いは洗顔をしてもメイクが落し切れていなかったなどということにより、
「大人ニキビ」ができることがあります。


また、「大人ニキビ」の大きな特徴は、肌の乾燥やストレスにより、
通常28日周期で新しくなっていく肌のサイクルがうまくいかず、
残った角質がニキビの原因になってしまう、というものがあります。


黄体ホルモンの分泌も大きく関係します。
黄体ホルモンは女性にとって大切なものです。

毎月の生理や生理前になると現れる症状は、体温が高い状態になる、
水分を普段より摂る、食欲がわく、眠くなる、
といったものが挙げられます。

そして、普段よりも多い量の皮脂が分泌される、老廃物が溜まりがちになる、
便秘になりがち、といった症状が出て、それらが大人ニキビの原因の一つになります。


また、年齢とともに肌の保水力が低下することと無関係にニキビが出てしまうので、
十代の思春期ニキビに比べ、大人ニキビは治りにくいという特徴もあります。


ストレスや睡眠不足に加えて、
食生活や使っている化粧品が肌に合っているか、
などという点を見直すのも大切になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ