思春期には何故ニキビができやすいのか?

思春期にきびの定義は、思春期に好発する皮膚疾患となります。
思春期といわれる、13歳~18歳頃には、女性でも男性ホルモンが一時的に多く分泌されます。

男性ホルモンが多量に分泌されてしまうと、男性ホルモンが毛穴の皮脂腺の働きを促進し、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
これが思春期にきびの原因です。

皮脂腺から皮脂が多く分泌されると、毛穴の角質層が厚くなります。
そうすると毛穴がさらに狭まり、目詰まりを起こして白にきびになるのです。
詰まった毛穴ににきび菌が大量発生すると、炎症を引き起こして赤にきびになります。

思春期ににきびは、大人になれば治る、とか放っておけば徐々に治る、と言われますが、
事実思春期にきびはほとんどの人が、思春期の終わり頃には良くなります。
男性ホルモンのバランスが正常に戻るため、皮脂の過剰分泌も徐々に少なくなって、にきびも自然と減っていくのです。

一般的なにきびの治療法の、脂をしっかり取るために1日数回洗顔をする、
イオウ成分配合の薬でにきびを乾かす、等は、思春期にきびのための治療法です。
思春期にきびは顔にちらばってできます。
オイリー肌の人にできやすく、春から夏にかけてができることが多いようです。

思春期にきびは、肌を清潔に保つことが重要です。だから洗顔が大事なのです。
しかし、清潔に保つ事は単純に回数を増やせば良いということではありません。
必要以上に洗いすぎてしまうと、必要な水分や皮脂まで失ってしまいます。
多くても2~3回にしましょう。

洗い方は、肌をごしごしこするのではなく、泡で包み込むように優しく洗います。
乳液やクリームは、かさかさと乾いているところ以外は、つけないのがお勧めです。

保湿する時は、化粧水・ノンオイルジェルなどで保湿するのが良いでしょう。
メイクも、ファンデーションなどを厚く塗るとにきびの悪化につながりますので、注意が必要です。

思春期は食べ盛りの時期ですが、できれば糖質、脂質は控えるのが良いでしょう。
油分の摂りすぎは、肌にあまりプラスにはなりません。
にきび悪化の原因には肌の新陳代謝を崩す余計な油分があります。

スキンケアで肌を清潔にしていても、悪い食生活をしていては、できないにきびも、できるようになってしまいます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ