ニキビの正体【白ニキビ】

きちんと洗顔しているのに出てくる白いブツブツが気になりますよね。
ニキビがあると自分に自信が持てないし、人と会うのも億劫になりますよね。

ニキビにお悩みの方は多いと思います。
キレイなお肌を目指すにはまず敵を知ることが重要です!
そこで、私たちを悩ます白いプツプツ、「白ニキビ」の正体を探ってみたいと思います。

白ニキビとは、ニキビの中でも初期段階のものを言います。

白ニキビは悪化すると黒ニキビ、赤ニキビへと進んで行き、酷い場合はニキビ跡として残ってしまう場合もあります。
白ニキビのうちに正しいケアをすれば比較的改善しやすいものなのです。

そもそも白ニキビとは一体どういうものでしょうか?

お肌に埃やメイク残り、角質などがあると毛穴を詰まらせてしまい、皮脂が排出されなくなってしまいます。
その結果、皮膚が少し盛り上がり、内側に閉じ込められた皮脂が白く透けて見えるようになるので、
このような状態が「白ニキビ」と呼ばれています。

白ニキビが出来てしまう大きな原因に不十分な洗顔が挙げられます。
お肌に汚れが残っていると毛穴を詰まらせてしまうので当然ですよね。

また同じくらい大きな原因の一つが「過剰な皮脂分泌」なんです。
皮脂の分泌が多すぎると、雑菌の繁殖を促し毛穴が詰まりやすくなります。


では、白ニキビを予防・改善するにはどうすればいいのでしょうか?

まずは丁寧に洗顔して、毛穴の汚れを落とす事です。
肌を清潔に保って毛穴をふさがない事が一番の白ニキビ対策と言えます。

次にホルモンバランスの正常化を心がける事です。
毛穴の詰まりの原因となる「皮脂の過剰分泌」はホルモンバランスの乱れが大きな要因となっています。
ですので、睡眠時間を十分取ってあげたり、食事の内容を見直してみたり、と生活習慣の改善をするのもとても重要です。
また皮膚の乾燥は皮脂の過剰分泌を促すので適度な保湿にも気をつけましょう。

白ニキビは治しやすい初期段階です。
お肌を清潔に保って毛穴をふさがないようにし、また日ごろの生活を整える事でニキビは改善し、出来にくくなります。
それでも改善されない場合は皮膚科などの専門医に相談してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ