ニキビの種類とその原因とは?

ニキビの原因

ニキビは幼少期にはなくとも、第二次性徴期に入ったくらいの頃から出始めます。

ホルモンバランスの変化や、不規則になった生活や、
間食の機会の増えた食生活やストレスなどから、ニキビが出てしまうこともあります。

ニキビは、毛穴の皮脂のつまり、紫外線を浴びることが原因とされています。

ただ、そのニキビにもいくつか種類があります。


ニキビの種類

まず、白ニキビというものがあります。
白ニキビは毛穴が開いていない状態でできるニキビです。

ニキビの表面が肌と同じ色であまり目立ちません。
しかし毛穴に皮脂、角質がつまっている状態で、放置すれば、悪化してしまいます。
この段階での早めのケアが大切です。


次に赤ニキビがあります。
赤ニキビは、赤く小さな腫れが肌にできている状態です。

赤ニキビはアクネ菌という菌によって発生します。
このアクネ菌は肌に日頃からあり、肌を正常に保つ役割をしている、必要とされる菌です。

しかし、毛穴に皮脂がつまってしまうと、アクネ菌は脂肪酸を作り出し、ニキビを発生させてしまいます。
また、紫外線によりアクネ菌が分泌するポルフィリンという物質が、活性酸素を発生させ、ニキビを炎症させてしまいます。


黄ニキビは、赤ニキビが悪化した状態をいいます。

赤ニキビが炎症することで、毛穴に膿ができ、ニキビが膿でつまってしまいます。
黄ニキビは治った後も、肌に跡が残ってしまうことがあります。


黒ニキビは、皮脂や角質が酸化してしまい、開いた毛穴が黒くなっている状態です。


ニキビ対策

ニキビには、このように種類がありましたが、
自分で無理に取ろうとしたり、つぶしたりすると、雑菌が入ったり、化膿したりして、悪化してしまいます。
困った時には皮膚科で診てもらいます。


一日、2~3度の洗顔を心掛けることでもニキビを防げます。
洗顔し過ぎると、肌の潤いが奪われてしまうので、その点は注意が必要です。

毎日の中で、無理なく、適切にスキンケアを心掛けます。
また、食事や生活サイクルに於いても健康的であるようにするのも大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ